ワラヤ酒店

営業時間 9:30~19:00/定休日 第1・第3日曜日

023-684-3195

お勧め定番

  1. TOP
  2. 商品情報
  3. 錦爛 精撰 普通酒 きんらん

普通酒なのに味わいは本醸造以上!
錦爛(きんらん)のお酒は、地元高畠町ではもちろん、山形県内外でも評判です。価格はリーズナブルですが、それ以上の味わいがありコストパフォーマンスの高いお酒です。
幅広い甘み、はっきりとした酸味、厚みを感じる米のうまみはしつこさが無く、後味すっきりのキレが料理の味をひきたてます。
冷やでもスッキリと楽しめ、ぬる燗、燗でも格別の味を楽しむことができます。温度で変わる日本酒の味わい。
好みの飲み方を見つけながら、晩秋あがり、秋上がり、純米酒、普通酒と、錦爛シリーズを飲み比べてはいかがでしょう…

kinran_sisters

 

◆日本酒を楽しむ温度の「呼び名」
約55℃ 飛び切り燗  
約50℃ 熱燗     
約45℃ 上燗     
約40℃ ぬる燗    
約35℃ 人肌燗    
約30℃ 日向燗(ひなたかん)
約20℃ 室温(常温)
約15℃ 涼冷え(すずひえ)
約10℃ 花冷え(はなひえ)
約5℃  雪冷え(ゆきひえ)

 

◎錦爛 精撰は、山形県高畠町の錦爛酒造のお酒です。
2020年7月より法人化により「後藤康太郎酒造」から「錦爛酒造株式会社」になりました。清酒の熟成については、社長自らが取り組み、熟成方法の違いや、清酒タイプ別、熟成年数別等を研究し、大事な本質は変えず、新しい時代に合う新しい日本酒の味を造り続けています。

 

価格
1.8L 1,870円
原料米 / 原料米
国産米
精米歩合
65%
アルコール度数
15
日本酒度